マインドフルネス&ヨガクラス4月の予定

第一と第三水曜日の月2回、夜7時から開催しておりますマインドフルネス&ヨガクラスからのお知らせです。

 

3月18日水曜日のクラスは定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。

 

4月の開催予定は1日と15日になります。

時間は夜7時~8時15分

場所は京都YWCA(地下鉄丸太町より徒歩8分)です。

 

定員が7名と限られておりますので、参加ご希望の方はお早目にメールにてお申込みください。

メールでのお申し込みが無いままに、当日来てくださっても会場の広さの都合上、参加していただくことは出来ませんので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

メールアドレス

lajollastresscoping@yahoo.co.jp

マインドフルネス&ヨガクラス3月の予定

マインドフルネス&ヨガクラスが月に2回開催になりました。

2月からマインドフルネス&ヨガクラスが月に2回開催になりました。

第一週は主に全く初めて参加する方向けの内容に、第三週は続けてご参加くださっている方向けの内容になっています。

 

マインドフルネスとは、「今この瞬間に注意を向けて気づき、それをありのままに認めて受け入れ、さらに執着することなく手放して、また次の今この瞬間に注意を向けて気づく。」そのような、心理的態度のことを指します。
MBSR(マインドフルネスストレス低減法)の大きな柱ともなっている、座って行う呼吸のワークとヨガのワークをメインに、アシュタンガーヨガを取り入れてマインドフルネスを体験的に学ぶクラスです。
マインドフルネスを学んでみたい方、ヨガを学んでみたい方はもちろんのこと、ストレスを抱えてお困りの方も、マインドフルな1か月をスタートしてみませんか?
日時:毎月第一・第三水曜日(次回は3月4日・3月18日
午後7時~午後8時15分

場所:京都YWCA 105教室
室町通り出水上る近衛町44。地下鉄丸太町駅より徒歩7分

http://kyoto.ywca.or.jp/access/

参加費:2000円(初回お試し1000円)

定員:7名
お部屋の大きさの関係で定員が限られています。メールでの事前申し込みを必ずお願いします。また、お申込みされた方は必ずご参加くださいますように、お願いします。

お申込み:メールにて、希望のお日にち、お名前とご所属、連絡先をご明記の上、下記メールアドレスまで、お申込みください。

lajollastresscoping@yahoo.co.jp

持ち物:ヨガマット(お持ちで無い方はメールでご相談ください。)、飲み物、タオル
講師:高垣愉佳

2月4日のマインドフルネス&ヨガクラスを行いました。

2月第一週目のマインドフルネス&ヨガクラスを行いました。

 

今月から第一週と第三週水曜日の2回開催になっています。

 

 

初めてご参加くださった方も交えて、いつも通りレーズンを使った練習からスタートしました。

この練習方法は、マインドフルネスの大事な所をぎゅっと凝縮して思い出させてくれる練習方法なので、定期的に行っていきたいと思います。

 

 

今日は満月、フルムーンの日でしたので、アシュタンガーの慣わしにのっとってアシュタンガーヨガは行わず、マインドフルムーブメントを行いました。

いつものクラスに比べると動きが緩やかだったので、体力的には楽だったというご意見をいただきました。

クラスが満月と新月にあたった日には、今後もマインドフルムーブメントを行っていきます。

 

 

好評の山のイメージを用いた練習も定期的に行っていきたいと思います。

この練習の最終目標は、いつでもどこでも、山のイメージを用いて自分自身をマインドフルネスな状態にしていただけることです。

もちろん、他の方法を使っても良いのです。数ある方法の中で、ご自身が使いやすい方法を手掛かりにする為の一つの方法として、この練習も行っていきます。

 

 

今日は「マインドフルネスで大切にする7つのこと」についても少しお伝えしました。

この7つのポイントを大切にしながら練習を行っていくうちに、この7つの事が身に付いて行きます。

初めから全てを大切にしなければと頑張る必要はありません。クラスの時に度々軽く振り返りつつ練習を続けていきます。それを続けることで身に付きますので、心配せずに、頑張らずに、続けて行きましょう。

 

 

次回のクラスは2月18日(水)夜7時から 京都YWCAです。

次回はいよいよボディースキャンの練習を始めて行きます。

今回から教室が105からミニホールに変更になっていますのでご注意ください。

定員が7名ですので、メールでの事前お申し込みをお願いします。

 

クラスでは毎回色んな練習を組み合わせて行って行きますので、自分がやりやすく気に入った練習方法から少しづつ身につけて活用していただければと思います。

 

覚えられない、クラスでやると楽になるのだけど、いざ自分一人でやろうとすると出来ないと言う方もおられますが、焦らずに続けてください。

少なくともクラスで一緒に練習して楽になった時間分は、いつもよりマインドフルに過ごせてストレスが低減された時間が増えているわけですから。

少しづつ、少しづつ、方法を身に付けて、その時間を増やして行きましょう。

2月からマインドフルネス&ヨガクラスが月に2回開催になります。

2月からマインドフルネス&ヨガクラスが月に2回開催になります。

 

マインドフルネスとは、「今この瞬間に注意を向けて気づき、それをありのままに認めて受け入れ、さらに執着することなく手放して、また次の今この瞬間に注意を向けて気づく。」そのような、心理的態度のことを指します。
MBSR(マインドフルネスストレス低減法)の大きな柱ともなっている、座って行う呼吸のワークとヨガのワークをメインに、アシュタンガーヨガを取り入れてマインドフルネスを体験的に学ぶクラスです。
マインドフルネスを学んでみたい方、ヨガを学んでみたい方はもちろんのこと、ストレスを抱えてお困りの方も、マインドフルな1か月をスタートしてみませんか?
日時:毎月第一・第三水曜日(次回は2月4日・2月18日)
午後7時~午後8時15分

場所:京都YWCA 105教室
室町通り出水上る近衛町44。地下鉄丸太町駅より徒歩7分

http://kyoto.ywca.or.jp/access/

参加費:2000円
s
定員:7名
お部屋の大きさの関係で定員が限られています。メールでの事前申し込みを必ずお願いします。また、お申込みされた方は必ずご参加くださいますように、お願いします。

お申込み:メールにて、希望のお日にち、お名前とご所属、連絡先をご明記の上、下記メールアドレスまで、お申込みください。

lajollastresscoping@yahoo.co.jp

持ち物:ヨガマット(お持ちで無い方はメールでご相談ください。)、飲み物、タオル
講師:高垣愉佳

ヨガを教えるということ。

私はアメリカでヨガを始めて、ティーチャーズトレーニングもアメリカで受けて来ました。

私が本格的に習ったヨガスタジオはアシュタンガーヨガのスタジオで、先生はインドでヨガを学んで来たアメリカ人でした。

 

ティーチャーズトレーニングでしたので、もちろんヨガのベースにある思想なども習いましたが、先生がいつも言っていた言葉があります。

ヨガは頭でやるものじゃない。ヨガはヨガをやることを通して理解するものだ。だから、ティーチャーズトレーニングでは思想なども教えるけれども、クラスに来た生徒さんにはただヨガだけを教えればいい。なぜなら君たちはヨガティーチャーになるからだ。ヨガティーチャーはヨガを教える人だ。解剖生理学や思想を教える人ではない。」

 

また、その先生は度々こうも言っていました。

「ヨガはスポーツじゃない。ストレッチでもない。瞑想であり心理学だ。だから上手にスタイリッシュにやる必要は全くない。早く上手にポーズが取れるようになる必要も無い。ゆっくり身に着けて行くヨガが一番いいヨガだ。ただ続ければ自ずと身につく。焦らなくていい。」

 

ヨガに関する本は日本語でもたくさん出版されるようになりました。

理論などは学ぼうと思えばいくらでも学ぶ事が可能になりました。

 

本や先生のお話は、ヨガをする上での助けや支えになってくれることがあります。

でも一方で、いくら本を読んでも、いくら偉い先生のお話しをたくさん聞いても、自分自身が自分の身体を使って実際にヨガを行わない限り、本当のヨガを知ることは出来ません。

 

ゆっくり動く陰ヨガから、激しく動くアシュタンガーやパワーヨガまで、ヨガには色んな種類があります。

同じポーズでも流派によって形の取り方も微妙に異なります。

 

ですから、そんなに流派やポーズにこだわる事無く、ヨガが一番大切にしていることをヨガの体験を通して伝えて行くこと。

それがヨガを教えるということだと思っています。

 

 

ヨガに出会って人生が変わりましたか?

先日、こんな質問を受けました。

 

「ヨガと出会って人生変わりましたか?」

 

この質問に短く答えるなら、答えは「Yes」になります。

 

 

その方がおっしゃるには、どのヨガ教室の先生も「ヨガと出会って人生が変わったと自己紹介されるから、やっぱりそうなんですね。」との事でした。

 

 

が、よく考えてみると、実は、ヨガと出会って人生が変わったわけではないということに気づきました。

 

私の人生は、生まれて以来、ヨガを始める前から刻一刻と変化し続けていました。

 

小さな所で言えば、私の細胞は日々変化し、ある時まではそれは成長と呼ばれる変化として、背が伸びたり体重が増えたりしていました。今でも変化は続いていて、続いているから爪も伸びますし、髪の毛も伸びます。

 

もっと大きくてはっきり分かる変化もたくさんあります。歳を取るにつれて睡眠を十分に取らないと次の日にこたえるようになりました。若かりし頃には大学を首席で卒業したような才女だった母がアルツハイマーになりました。そんな母を抱えつつ、突然アメリカへ引っ越すことになった私。

 

私の例でもわかるように、人生は小さなところから大きなところまで、いつも常に変化し続けているのです。

 

 

ただ、私たちは変化に気づいていないだけなのです。

 

例えば、仕事がマンネリで面白くないという事はよくあります。色んな職業があると思いますので、誰でも少しはやったことがある家事という仕事を例にとって考えてみましょう。家事の内容はだいたい毎日同じ事の繰り返しです。窓を開けて喚し気して、片付けて掃除をして、ごはんを作って、食べた後の食器を洗って、洗濯をして、お風呂を入れて・・・。毎日毎日同じ作業の繰り返しですが、同じ作業であっても本当は毎日変化しているのです。同じ食器を洗うという家事にしても、暖かい日と寒い日では手に触れる水の温度や感触が違います。でも、通常私たちはそのような変化には気づかずに、「毎日こんなのだるいなー。」とか頭の中であれこれ思いながらその作業をしています。

 

 

実は、ヨガに出会うと人生が変化するのではなくて、ヨガに出会うと人生の変化に気づくようになるのです。

 

自分の変化、周りの変化、自分と周りの相互作用の変化、今まで気づかなかったくらいの小さな変化にも気づいていくようになります。

 

色んな事に気づくことなく生きていくのと、色んなことに気づきながら生きていくのとでは、おのずとまた新たな違いが出てきます。

 

 

 

「ヨガに出会って人生が変わる」というのは、そういうことではないかと思います。

 

これはヨガがもたらすマインドフルネス効果によるもので、マインドフルネスプログラムの中で行われるヨガでは、このような気づく力をより一層目覚めさせる事が出来ます。

 

マイ・ヨガマットのすすめ

帰国してから、私も何度かヨガスクールでレッスンを受けるという体験をしてみました。

 

そこで、ふと気づいたことが、「ヨガマット」についてです。

 

大抵のヨガスクールが有料でヨガマットの貸し出しをしていました。皆さん持ってくるのが大変なのか、レンタルマットを使ってレッスンを受けておられました。

日本とは逆に、アメリカではみんな大抵自分のヨガマットを持ってレッスンに参加していました。

風習の違いがあるので、どちらがいいとは一概には言えないとは思います。日本には日本人に合ったスタイルが定着しているということだと思うので。

 

というわけで、私もワークショップやレッスンを提供する時には、何枚かマットを用意していって貸し出すということをしています。

 

 

でも、実は、本心では、ご自分用のヨガマットを購入していただくことをお勧めしたいと思っています。

 

どこのマットをというようなお勧めはありませんし、安い物で十分だと思っています。

 

 

大切なのは、ご自分の気に入った色で、ご自分のヨガマットを持たれるということ。そして、いつもそのマットを使ってヨガをされるということだと思います。

 

 

安くてもいいので、ご自分の気に入った色のヨガマットを使い始めると、すぐにお気づきになられると思います。

 

そのヨガマットを広げた瞬間から、自分だけの特別な時間が始まるということに。

 

 

私がアメリカでヨガを始めた時に買ったヨガマットは、大学の中の購買部のような所で買った1500円くらいの安いマットでした。

 

何のブランドでもありませんでしたが、ちょっとポップなグリーンの色が気に入って、コンドミニアムのヨガクラスに行くときも、ヨガのティーチャーズトレーニングに行くときも、ヨガのワークショップに行くときも、いつでもそのマットを持ってレッスンに通い続けました。

 

今でもそのマットは使っていて、広げた瞬間から、そこは私だけのヨガスタジオ空間になります。

 

 

と言うわけで、皆さんも是非ご自分用のヨガマットを購入して、ご自分だけの特別な時間と空間を、いつでもどこでも楽しんでいただければと思います。