マインドフルネスのプラクティスを楽しみながら続ける為に。

昨年NHKの番組で取り入れられた事などもあり、マインドフルネスという言葉を聞いた事があるという人も少しづつ増えて来ました。

 

マインドフルネスと名前の付いたワークショップやクラス等もちらほらと目にするようになりました。

 

そういうものに参加してみようかな?と思っている時、その瞬間のお気持ちはどんなものでしょうか?どんな期待があるでしょうか?

 

参加する前に、「今、自分が持っている気持ち。期待や不安も含めて。」それがどのようなものであるかを、まずしっかりと感じ取ってから参加される事をお勧めします。

 

どこから出発したのかが分からないと、その後にどんな風にどういう道をたどって、どの辺りに来ているのか?という事が後々分からなくなってしまうからです。

 

 

私が修士論文の調査の為に行った8週間のグループプラクティスでは、効果を実感するまでに大体4~5週間かかるという結果が出ました。

 

また、グループを始めて1~2週間目あたりで一番焦りや面倒くささなどを感じ易いという結果も出ました。

 

データ数が少なかったので、必ずしもこうです!と断言は出来ませんが、誰もが通りうる可能性の高い道を知っておくことで、無駄に焦ったり落ち込んだりする事無く、プラクティスを続けて行けるかもしれません。

 

また、当初期待していたものとは違うものが効果として現れて実感するという事もままあります。

 

人間は生き物ですから、周囲の環境との相互のやり取りの中で日々刻々と変化していくものなので、当然と言えば当然の結果だと言えます。

 

もし、誰もが通りうる可能性の高い道を知らなければ、1~2週間目頃には、上手く出来ないと自分を責める事につながったりするかもしれません。効果が出るのはまだかまだかと焦ってしまうかもしれません。また、自分が望んでいた効果が現れず感じられなかった時に、自分の望んでいた効果に執着するあまり、別の形で現れている効果を感じられなかったり無視してしまった結果、効果が無かったと落胆してしまうかもしれません。もしかしたら、なかなか効果が出ないと、途中で嫌になってプラクティスを止めてしまうかもしれません。

 

誰もが通りうる可能性が高い道を知る事は、落ち着いてプラクティスを続ける事の助けになるでしょう。

 

 

 

そして、8週間のプラクティスを終えた後に、初めのスタート地点の瞬間で感じ取った事と、修了した今の瞬間で感じ取っている事を振り返ってみる事は悪いことではありません。

 

自分で自分の変化を客観的に見る。このような振り返りは、自分がいかに変化したのか、人間というものが変化可能な生き物であるという事を理解する助けになります。

 

変化が可能であると知る事は、たとえ今悩んでいても、痛みを感じていても、辛い状況であっても、それがそのまま続く事はあり得ないと知る事につながります。

これは、気休めの為でも、ボジティブシンキングを勧めているわけでもありません。

物の見方、考え方は心理学や医学では「認知」と呼ばれるものです。 認知を司るのは脳です。お肌に出来た吹き出物や傷などに適切な処置をしていくと治ります。そうした傷は膿が出たり、血が出て痛んでいたものが、血が止まり、かさぶたが出来て、やがて薄らとした痕になりという経過を辿って治って行きます。これも、私達の身体というものが日々刻々と変化し続けるものだからこそです。認知が変わるとは、つまり私達の脳がお肌と同じく、日々刻々と変化し続けているという事の証です。

マインドフルネスの研究は、心理学だけでなく、大脳生理学や神経学とも共同で行われています。そうした研究についてもまた別の機会にご紹介出来ればと思います。

 

 

最後に、MBSRで伝えられるマインドフルネスを行う上で大切な7つの事をご紹介して終わります。

 

ご質問、ご相談等は

lajollastresscoping@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。

 

 

Seven Foundations of Mindfulness

マインドフルネスで大切にする7つのこと

 

1.Non-Judging  : 評価しない。(いい悪いは無い。ただ在るだけ。)

2.Patience  : 根気強さ。(焦らない。)

3.Beginner’s  Mind  : 初心を保つ。(いつも新しい気持ちで。瞬間を生きる。)

4.Trust  : 自分を信頼する。(洞察や知識を頼りするのではなく、自分の智慧の声を聴く。)

5.Non-Striving  : むやみに努力しない。(「~しなくてはならない」ことは無い。)

6.Acceptance  : あるがままを受け入れる。(今ここの現実を。)

7.Letting go  : とらわれずに手放す。(うまくいったことも、うまくいかなかったことも。)

+ 好奇心を持って楽しみながら♪