MBSRや認知行動療法は腰痛を緩和します。

ニューヨークタイムズ紙に腰痛と認知療法に関する記事が掲載されていましたので、ご紹介したいと思います。

http://well.blogs.nytimes.com/2016/03/22/mind-based-therapies-may-ease-lower-back-pain/?smid=fb-share&_r=0

 

調査は認知行動療法を行う群、MBSRを行う群、これまで行われている一般的な治療を行う群の3つに分けて行われました。

20歳から70才の342人の人を対象にして行われたランダム化比較試験という調査の結果、

トレーニングを始めて6か月後に機能が向上した人の割合は・・・

 

MBSR群 61%

認知行動療法群 58%

一般的な治療群 44%

 

また、痛みの煩わしさの改善した人の割合は・・・

認知行動療法群 45%

MBSR群 44%

一般的な治療群 27%

 

つまり、機能向上面でも、痛みの煩わしさの軽減という点でも、これまで一般的に行われて来た治療法(痛み止め等)よりも、認知行動療法やMBSRの方が効果があるという事です。

特に、痛みの煩わしさの軽減という点において、認知行動療法とMBSRの効果が顕著です。

 

単純化してものすごく分かりやすく言うと、

一般的な治療だと・・・

痛いけれども、そこそこ動けるようになる。

認知行動療法やMBSRだと・・・

痛みもあまり気にならず、そこそこ動けるようになる。

という事です。

 

 

腰痛で悩まれている方は認知行動療法やMBSRを試してみられても良いかもしれません。

 

この研究について更に詳しくお知りになりたい方はアメリカ医療学会誌の原文をお読みください。

http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2504811