初めてのマインドフルネス&ヨガクラスからのお知らせ

11月から毎月第一水曜日の午後7時から8時15分。

京都YWCAで「初めてのマインドフルネス&ヨガ」クラスがスタートします。

 

11月は満席となりました。

 

定員が7名となっていますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

 

京都YWCAの場所は烏丸丸太町から北西に歩いて8分程です。(室町出水上がる近衛町)

 

 

次回12月3日のクラスのお申込みも受け付けております。

参加費は2000円(初回はお試し1000円)です。

 

一人でも多くの方に、マインドフルネスとヨガを体験してみていただきたいと思っています。

 

お申し込みは、お名前とご所属、ご連絡先を書いて下記アドレスまでメールでお申し込みください。

lajollastresscoping@yahoo.co.jp

 

 

マイ・ヨガマットのすすめ

帰国してから、私も何度かヨガスクールでレッスンを受けるという体験をしてみました。

 

そこで、ふと気づいたことが、「ヨガマット」についてです。

 

大抵のヨガスクールが有料でヨガマットの貸し出しをしていました。皆さん持ってくるのが大変なのか、レンタルマットを使ってレッスンを受けておられました。

日本とは逆に、アメリカではみんな大抵自分のヨガマットを持ってレッスンに参加していました。

風習の違いがあるので、どちらがいいとは一概には言えないとは思います。日本には日本人に合ったスタイルが定着しているということだと思うので。

 

というわけで、私もワークショップやレッスンを提供する時には、何枚かマットを用意していって貸し出すということをしています。

 

 

でも、実は、本心では、ご自分用のヨガマットを購入していただくことをお勧めしたいと思っています。

 

どこのマットをというようなお勧めはありませんし、安い物で十分だと思っています。

 

 

大切なのは、ご自分の気に入った色で、ご自分のヨガマットを持たれるということ。そして、いつもそのマットを使ってヨガをされるということだと思います。

 

 

安くてもいいので、ご自分の気に入った色のヨガマットを使い始めると、すぐにお気づきになられると思います。

 

そのヨガマットを広げた瞬間から、自分だけの特別な時間が始まるということに。

 

 

私がアメリカでヨガを始めた時に買ったヨガマットは、大学の中の購買部のような所で買った1500円くらいの安いマットでした。

 

何のブランドでもありませんでしたが、ちょっとポップなグリーンの色が気に入って、コンドミニアムのヨガクラスに行くときも、ヨガのティーチャーズトレーニングに行くときも、ヨガのワークショップに行くときも、いつでもそのマットを持ってレッスンに通い続けました。

 

今でもそのマットは使っていて、広げた瞬間から、そこは私だけのヨガスタジオ空間になります。

 

 

と言うわけで、皆さんも是非ご自分用のヨガマットを購入して、ご自分だけの特別な時間と空間を、いつでもどこでも楽しんでいただければと思います。

「初めてのマインドフルネス&ヨガクラス」 

 

マインドフルネスとは、「今この瞬間に注意を向けて気づき、それをありのままに認めて受け入れ、さらに執着することなく手放して、また次の今この瞬間に注意を向けて気づく。」そのような、心理的態度のことを指します。
MBSR(マインドフルネスストレス低減法)の大きな柱ともなっている、座って行う呼吸のワークとヨガのワークをメインに、アシュタンガーヨガを取り入れてマインドフルネスを体験的に学ぶクラスです。
マインドフルネスを学んでみたい方、ヨガを学んでみたい方はもちろんのこと、ストレスを抱えてお困りの方も、月の始まりの週にクラスに参加して、マインドフルな1か月をスタートしてみませんか?

 
日時:毎月第一水曜日(次回は11月5日)
午後7時~午後8時15分

場所:京都YWCA 105教室
室町通り出水上る近衛町44。地下鉄丸太町駅より徒歩7分
http://kyoto.ywca.or.jp/access/

参加費:2000円
s
定員:7名
お部屋の大きさの関係で定員が限られています。メールでの事前申し込みを必ずお願いします。また、お申込みされた方は必ずご参加くださいますように、お願いします。

お申込み:メールにて、お名前とご所属、連絡先をご明記の上、下記メールアドレスまで、お申込みください。

lajollastresscoping@yahoo.co.jp

持ち物:ヨガマット(お持ちで無い方はメールでご相談ください。)、飲み物、タオル
講師:高垣愉佳

WS「サポートに生かす!ヨガ&マインドフルネス」を開催しました。

ワークショップ、「サポートに生かす!ヨガ&マインドフルネス」を10月4日土曜日に開催いたしました。

 

ファシリテータに篠原幸子さんをお迎えして、11名で共に学ぶ時間を持つことが出来ました。

 

前半の自己紹介に少し時間を使い過ぎたこともあり、後半のディスカッションやシェアの時間が短くなってしまった点は次回に向けての反省点です。

それにも関わらず、ほとんどの方から「次回もあれば参加したい。」「今後も案内が欲しい」とのフィードバックをいただき、大変嬉しく思っています。

 

ご参加くださった対人援助に携わっておられる方々のフィールドは多岐に渡っていました。

場づくりNPOでインターンをしておられる方、ヨガ講師の方、学校の教員の方、スクールソーシャルワーカーの方、看護師の方、臨床心理士の方などなど。

次回からは参加してくださった皆様とじっくりとディスカッションやシェアをすることが出来るように、タイムマネジメントに気を付けたいと思います。

これほど様々な対人援助職の方が関心を持ってくださっていると知り、次回開催に向けての力をいただきました。感謝です。

 

今回のワークショップではしっかりと体験していただけるように、体験ワークの時間が半分以上を占めるようにデザインしました。

ところが、終了後のアンケートを「体験の時間が短かった」と書いてくださった方が数名おられて、大変驚きました。

次回からは、ワークを中心に行うような機会を別途設けることも検討していきたいと思います。
皆様によりマインドフルネスやヨガを理解していただけるよう、これからも様々な工夫を重ねて学びの機会を作っていきたいと思います。
今回お時間の都合でご参加いただけなかった方や、次回ヨガやマインドフルネスのワークショップがあれば参加してみたいなと興味を持っていただけた方がおられましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
メールにてご案内を送らせていただきます。


lajollastresscoping@yahoo.co.jp
日本に帰国して早々に、良い種を蒔く機会をいただきました。

これから皆さんとご一緒に、手入れをしながら、成長を感じていくことが出来ればと思います。